Bisiness card exchange

名刺の印刷業者

名刺交換のマナーを確認しよう

ビジネスをする上で大切なのは、第一印象です。
名刺交換は相手に自分を知ってもらう大切な第一歩ですので、マナーはしっかり覚えておきたいものです。
名刺を受け取る際に気をつけることは、まず相手の会社名や名前に指を置かないということです。
受け取る時は、自分の胸の高さより下におろさないよう、注意しましょう。
受け取った名刺はすぐにしまったりせず、その場で名前の確認をするようにしましょう。
通常は、目下の人が先に渡すのがマナーですが、もし目上の人が先に差し出してきた場合には、「申し遅れました」などと言ってからすぐに自分の名刺を出すようにします。
そして、目上の人が受け取ってから自分も受け取ります。
先に目下の人が受け取ってはいけません。
複数の人と交換をした場合には、一番目上の人のものをケースに載せ、その他の人のものはテーブルに置くようにします。置くスペースがなく、やむを得ずケースにしまう時は、一礼してからにしましょう。

知っておこう、名刺交換のマナー

名刺交換のマナーを身に着けることは、社会人として当たり前のことです。
美しい名刺交換の仕方を知っていると、第一印象もよくなるでしょう。
受け取る際、相手の名前の上に指を置いて受け取ってはいけません。
それから、相手が目上の方だった場合、先に名刺を受け取ってはいけません。
渡す際には、相手が差し出した位置より、低い位置で差し出します。
テーブル越しに渡すのはタブーです。
しっかり向き合って、相手との間にものがない状態で交換を行いましょう。
ポケットから直接出すのは失礼にあたります。
受け取ったものもポケットにしまうのか、と思われかねませんので、ケースを使うようにしましょう。
名刺は普段から持ち歩きましょう。
渡す場面はいつ訪れるかわかりません。
はじめて顔を合わせる方と挨拶をする際になかった、というのは非常識に当たります。
スーツのポケットには常にケースをいれておくようにしましょう。
美しい所作は、相手に良い印象を与え、円滑なコミュニケーションの手助けをしてくれます。
しっかり身に着けておきましょう。

pickup

浮気 慰謝料 弁護士 渋谷
http://www.tase-danjotrouble.com/

最終更新日:2017/3/17

Copyrights(c) 2015 Bisiness card exchange. All Rights Reserved.